あなたは、toto Bigを購入したことはありますか?

ドリームジャンボやtotoはうちの祖父がよく買ってたなぁ。

こういった宝くじって
当たればデカいけど、
ま〜当たらないよね。

今回は「当たらない」どころか、
「当たらないよう仕組まれている」
疑いもあることがわかったのでご紹介します。

ことの発端は、ひとつのツイートから

何がおかしいかっていうと
1日目に購入した5口と
2日目に購入した5口が
完全に一致している点。

これ、たまたま一致する確率は?

実に2,503,160,000,000,000,000,000,000,000,000,000分の1。

いやいやあり得ないでしょう!

プログラムの不具合か?
意図的な操作か?

公式発表によると
なんと偶然の一致であり、システムの不具合でもないとのこと。

苦しい、苦しすぎる!

国民の声を代弁してか、
日経ビジネスがtoto Big側に
取材を申し入れました。

ーーランダム出現で別々に購入した5口分が完全に一致するのは到底ありえない現象です。

「かなり出るのが珍しいケースだとは認識しています。ですが、ランダムに発現する仕組みでも14試合分の組み合わせが重複することはありえること。ありえなくはない、可能性はゼロではないということです」

ーー理論上、ビッグバンが起こるよりも低い現象です。何らかの不正やシステムの不具合があったと考える方が自然ではないでしょうか。

「システムにいつもと違う、変わった動きがあったわけではありません。それもこちらで確認しました。外部からシステムに侵入した形跡、不正な操作の形跡も見つかりませんでした。発番の仕組みを調整している中でこうした出目になる可能性はあります」

(中略)

現状のシステムを全く変えずに今後もくじの発行を続けるということですか。

「はい、そのつもりです。システムを変える必要はないと考えています」

日経ビジネス:BIGなおとり「宝くじはランダム」は本当か?

どう思いますか?
これもう黒だと思いませんか?
私はそのように判断しました。

世間も厳しい目で見ています。

疑惑は続くよどこまでも

続いてはこちらのツイート


なかなか出ない組み合わせを
引いた方もいます。

いっぽうこちらは、
toto Bigの疑惑を
検証しているブログ。

確率的にあまりに偏りすぎではないか、と
すでに2007年に指摘しています。

買い目が重複している・・・・ここが気になる点なのです。

確率論でこの数字は妥当なのか・・・・!?

第244回の場合
480万種の買い目から44万口を購入すると13万種類の買い目になっていました。

おおざっぱに例えると
1~100の数字が刻んであるサイコロを10回振ると
1が3回
2が3回
3が3回
4が1回
他の5~100は1度も出なかった・・・・・
結果100が当たりとなり当選者はいなかった・・・・これが第244回の結果です。

同じく
1~100の数字が刻んであるサイコロを409回振ると
1が7回
2~68が各6回
他の69~100は1度も出なかった・・・・・
結果1が当たりとなり当選者が7人・・・・・これが第278回の結果です。

こんなもんなんでしょうかねぇ~???確率的にこれがランダムなのでしょうか?

totoBIGの疑惑・・・・6

ただでさえ50%を切る還元率な上に
高額当選まで出させる気無しというのは

これだから宝くじの売上が
年々落ち続けているのでしょう。

やはり完全なランダムと
証明しようのない、

人の手(プログラム)が介在した
くじはもう時代遅れだと
言わざるを得ないです。

日経ビジネスは記事の最後を
こんな文章で締めくくっています。

だが、消費者はバカではない。そんなヌルい状態にあぐらをかき続ける商法はいずれ消費者の信用を失い、総スカンを食らうことになる。それだけは間違いない。

消費者は気づき始めています。

関連記事:まだあった!日本の宝くじ不正疑惑